歯を今よりも白くする

埼玉県 狭山市 南入曽にある歯科医院『ふなき歯科』では、歯の黄ばみや黒ずみを落とすことで白くなったように感じる施術「エアフロー」や、歯そのものを今よりも白くなる施術として「ホワイトニング(ブリーチング)」に対応しています。
エアフローはジェット水流により「茶渋やコーヒーなどの汚れが落ちること」で、元々の歯の黄ばみが落ちて歯がキレイに白くなったように感じます。
エアフローは、ホワイトニングのように歯を漂白して、歯そのものの白さをアップしている訳ではないので、エアフローでは歯そのものの白さが増すわけではありませんので、その点だけご注意ください。対して、ホワイトニングは薬剤の力を利用して歯を漂白することで、歯そのものの白さをアップさせます。

歯を美しく健康に保つ専門サイトで詳しく見る

エアフロー

埼玉県 狭山市 南入曽『ふなき歯科』では、「エアフロー」を2台導入し、メインテナンス専用ルームにこの「エアフロー」を完備しています。エアーフローはジェットクリーニングとも呼ばれていますが、メーカーが違うだけで同じものです。
細かなパウダー状の炭酸水素ナトリウム(重層)やグリシン(アミノ酸の一種)を、強力なジェット水流で歯に吹きつけて汚れを落とします。
歯の表面に付着したバイオフィルムや、茶渋、タバコのヤニといった着色を、水圧とパウダーの力ですみずみまで落とすことが出来ます。
ただ、エアフローでは、汚れがほとんど除去できて歯が白くなったように感じますが、歯を漂白している訳ではないので、ホワイトニングのように歯そのものの白さをアップさせたわけではありません。
しかし、ホワイトニングよりも施術時間が短く、定期的に気軽に利用し、歯をキレイに保てるという点で、「ホワイトニングまではしなくても歯をキレイにしたい」という方や、ホワイトニングの次回施術までのつなぎとして歯をしたい常にキレイに保ちたい方に向いているといえます。

ホワイトニング

埼玉県 狭山市 南入曽『ふなき歯科』では、「ホワイトニング」を行っています。ホワイトニングとは薬剤の力で歯を白くすることです。

漂白することからブリーチングとも呼びます。現在では歯を削ることなく、薬剤を使用して歯を漂白して、今よりも白さを増す方法が一般的となっております。ふなき歯科で採用しているのは、「ホームブリーチング法」と「オフィスブリーチング法」です。

ホームブリーチングは、患者様がご自宅でご自身で行うタイプのホワイトニングです。患者様の歯形に合わせて製作したキャップを使用し、全歯に薬剤を塗布しますが、生活歯(神経のある歯)と失活歯(神経のない歯)では、効果が異なります。

オフィスブリーチングは、歯科医院で行うタイプのホワイトニングで、歯一本単位での施術ができます。一本単位といっても、前歯の治療には美しく見せる鉄則があり、2本同時に治療します。もし、もう少し治療の範囲が大きくなったら左右4本を、またさらに範囲が広がった時は8本を同時に治療します。

歯を白くするに当たって(審美治療で)最も大切なことは「顔と歯の色バランス」です。特に口唇や笑顔との関係などを理解した上で、治療と行わないと本当の美しさは得られないと考えています。人によっては歯の健康と同じくらいに歯の見た目も大切に考えていらっしゃるかと思います。今よりも白く美しい歯を手に入れることで、笑顔に自信が出る場合もあることでしょう。歯が黄色くてお悩みの方、対面営業などの職につかれている方、女性の方には特にお勧めといえます。

歯科医院で行うオフィスブリーチングは歯のクリーニング(PMTC)の時に合わせて施術を受けられることをおすすめいたします。

歯を美しく健康に保つ専門サイトで詳しく見る