歯並びを整えることの意味

歯は正しく噛めることに大切な意味があります。また、美しい歯並びを獲得する事は、人によっては自信につながったり心も豊かにする場合もあります。不正な歯列では正しく噛むことが出来ない場合があるだけでなく、歯周病やむし歯になりやすいなど様々なデメリットが出る場合もあります。

最近では、子供ももちろんのこと、大人になってからも矯正治療を受ける方が増えてきています。
美しく、整った、正しい歯並びの獲得、歯列の矯正(矯正治療)をご希望の方は、埼玉県 狭山市 南入曽『ふなき歯科』までご相談ください。

矯正治療専門サイトで詳しく見る

歯列矯正(矯正治療)とは

歯列矯正(矯正治療)とは、噛み合せの悪い歯並びをキレイに並べて正しい噛み合わせを獲得させる治療のことをいいます。具体的には、歯の裏側にブラケット(矯正装置)を装着し、特殊なワイヤーによって、一定の期間、軽い力を加え続けることで歯を動かします。
でこぼこした歯並び、いわゆる出っ歯、受け口、口元の突出など、顔貌にも影響のある噛合わせの悪い歯並びなども治療可能です。

大人の矯正治療(成人矯正)

「大人の歯は矯正治療できるのかな?」と難しそうなイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、大人になってからの治療にはメリットも多くあります。そして、矯正治療に年齢制限はありません。最も多いお悩みである「歯並びや口元のコンプレックスを解決したい」といった方は、埼玉県 狭山市 南入曽『ふなき歯科』へ、どうぞお気軽にご相談ください。

矯正治療専門サイトで詳しく見る

※歯列矯正のための抜歯について

歯並びが乱れる最も大きな理由の一つに「歯がきれいに生え揃うために必要な顎のスペースがたりない」ことがあります。
子供の時は顎の成長を利用しながら顎のスペースの拡大を促す治療をすることで、歯の並ぶスペースを確保しつつ歯をきれいに並べることができますが、大人の場合では顎が成長しきっているため、これ以上は拡大することは難しいケースが多いということがあります。
このようなことから、成人矯正では抜歯が必要になることもあります

埼玉県 狭山市 南入曽『ふなき歯科』では、可能な限り歯を抜かないで済むように治療計画を考え、治療を進めていきます。どうしても抜歯が必要なのかどうか、しっかりと診察をさせていただいて、患者様にご説明させていただき、ご納得の場合のみ治療に入ります。

不正な歯並び(不正歯列・歯列不正)とは

歯並びが悪いことを「不正歯列」「歯列不正」などといいます。不正な歯列を改善するための歯列矯正を希望される患者様は、その多くが「歯並びが悪いので見た目を良くしたい」という理由で治療を希望されます。
実は、不正な歯列では、見た目だけでなく様々な問題点が存在している
場合があります。

プラークコントロールが難しくなりがち

不正な歯列の場合、歯ブラシの届きにくい部分ができる傾向があり、そのためプラークコントロールが十分にできでいないケースが多々あります。プラークがたまりやすくなることで、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。

食事の時に噛みにくい

不正な歯列の場合、歯と歯が正しく当たらないことにより食べ物を噛み切る、すり潰す、といった基本的な咬合機能が低下している場合があります。

歯や顎に余計なストレスがかかりやすい

不正な歯列の場合、歯に無理な力が加わって、その結果、特定の部分がすり減ってしまう(咬耗)ことがあります。また、歯だけでなく顎の関節にも影響が出て、顎関節症になる場合もあります。

不正な歯列の主な種類

矯正治療専門サイトで詳しく見る

歯列矯正の方法

歯列矯正には「マルチブラケットシステム」を基本として、「裏側矯正(リンガル矯正)」や「ハーフリンガル」、「マウスピース矯正」など、様々な方法がありますがここでは、基本的な方法をご紹介させて頂きます。

マルチブラケットシステム(MBS)

「マルチブラケットシステム(MBS)」は、歯にブラケットと呼ばれる装置を接着して、ワイヤーを通し、歯にごく小さな力をかけて、すこしづつ動かしていく矯正治療の方法で、昔からある最もオーソドックスな方法で、治療法も確立されています。取り外しができない固定式のため、常に一定の力を歯にかけることができるので効率よく治療できます。歯一本一本、細かい微調整が可能なため、歯並びを精密にコントロールしていくことが可能です。目立ちにくい透明なブラケットや、白いブラケットなどもあります。
また、歯の裏側に矯正装置をつけて治療を行う「裏側矯正(リンガル矯正)」や、上だけ裏側で下は表側の「ハーフリンガル」もあります。

マウスピース矯正

「マウスピース矯正」は、透明なマウスピース型の矯正装置を使用して治療します。透明なので目立ちにくく、取り外しも出来るというメリットがあります。

矯正治療専門サイトで詳しく見る

保定について

⻭を正しい位置に動かした後、それまで使用していた矯正装置は外します。しかし、これで矯正治療が終了ではなく、「仕上げ」として「保定」をします。歯列矯正治療直後は、歯はまだ⾻にがっちりとは植⽴していません。歯が動いた場合、⻭周靭帯という組織が新しい歯の位置に順応していくのに数ヵ⽉の期間が必要になります。
この⻭周靭帯が歯の新しい位置に順応していない時期では、何もしないでいると、歯周靭帯が⻭を元々あった位置に引っ張ってしまい、⻭の位置が元にどんどん戻ってしまいます。
この「後戻り」を防ぎ、新しい、正しい噛み合わせを保つために、一定の期間、後戻りを抑える治療が必要となります。このことを「保定」といいます。保定のために「リテーナー」という保定装置を、矯正装置を取り外した後、すぐに装着します。